048-278-9256

〒298-0201 千葉県夷隅郡大多喜町小土呂309

【営業時間】10:00~17:00(ランチタイム 11:00~14:00)

Facebook
Instagram

いちじくの無農薬栽培

  • HOME
  • いちじくの無農薬栽培

いちじくの栽培について

いちじく農園

いちじくカフェのテラスからの風景です。青いネットの中でいちじくを育てています。
千葉県大多喜町にある穏やかでのんびりした山あいの盆地で、いちじくの無農薬露地栽培をしています。
太陽の日を浴びて、清らかな空気の中で元気ないちじくが育っています。
8月から収穫が始まり、9月・10月にはいちじくシーズンを満喫できます。
お近くにいらした際は、オフシーズンでも畑にいる私たち夫婦に会いに来てくださるととても励みになります。

無農薬栽培への取り組み

ビニールハウス栽培

当店では、いちじくの無農薬栽培に取り組んでいます。
これまで「ちばエコ農産物」の認証を得て実践してきましたが、さらに新しい栽培方法を学び、令和元年より無農薬無肥料栽培に取り組みはじめました。
この方法は鉢植えの花でも、畑の野菜でも、果樹でも採用できるオールマイティーな栽培方法だということも嬉しい点です。
是非皆様と一緒に取り組めたらいいなと思っています。お問い合わせも大歓迎です。

いちじく(無花果)について

いちじく

いちじくの葉は、アダムとイブが裸を隠すために使ったと旧約聖書に記されています。
便秘解消、整腸作用、高血圧、痔、冷え性などに効果があると言われています。
いちじくは昔から「不老長寿の果物」とも言われており、薬用としても親しまれてきました。ブドウ糖、たんぱく質、カリウム、ペクチン、食物繊維などが含まれています。
いちじくの大きな葉は光合成で栄養分を作り、1枚で1個のいちじくを育てあげるといわれています。そんないちじくの葉を我が家では大事に使っています。
いちじくの花言葉:子宝にめぐまれる、多産、実りある恋、豊富、平安など